FC2ブログ

学研 ほいくあっぷ 保育の質につながるテーマ満載

保育力UP!
11 /18 2017
今年度より創刊しております学研「ほいくあっぷ」も
早いもので、今月でもう12-1月号となりました。

IMG_4939.jpg

各号とも今までにない切り口で、これからの保育に必要なスキルが盛り込まれています。

その中で、連載中の「多様な子供達の発達支援LIVE」のコーナーでは、
チャイルドフッド・ラボ代表の藤原里美先生が実際に園に訪問し、相談・指導をしています。

IMG_4940.jpg


ご自身も保育士時代に担当した自閉症の子供への対応に苦慮した
経験をきっかけに発達障害の子どもたちの支援について学び続けて来られました。

今では各地で研修会も実施されています。

↓また学研より書籍も出版されています。

IMG_4935.jpg

CD-ROMにはワークシートやイラストも入っていますので、現場ですぐ活かせます。
お気軽にお問合せくださいね。

↓↓ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いいたします!!

リサイクル啓発ダンス

保育力UP!
10 /24 2017
10月17日の市民タイムスにこんな記事が掲載してありました。

『ごみの分別 動画で学ぼう』

内容は、市内の保育園や幼稚園のこども向けに、
ごみの分別を歌と踊りで学べる動画を作成したというもので、
名古屋市が平成11年に作った動画をもとに、松本バージョンを作ったとのことです。

↓松本市HPより参考文献
https://www.city.matsumoto.nagano.jp/smph/shisei/kankyojoho/haikibutu/syokuhin_loss/enji_kankyo.html


・ゴミとリサイクルできるものを分ける。

・食べ残しをしない。


最近では、もはや当たり前となってきていますね。

でも、ついつい面倒くさいな・・・と思うときはありますが、
そんな時は「未来の子どもたちのために少しでも良い環境を残そう。」と思い、
行動するようにしています。

幼少のころから環境意識を持ち、自然にそれが出来るようになるのは
とても重要なことだと思います。

物だけでなく、人も今や使い捨てのように扱われる社会。
大人がするように子どももマネをします。

物を大切にする心、他者を思いやる心。

今一度改めて行きたいです。

↓↓ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いいたします!!


言葉は言霊

保育力UP!
10 /20 2017
みなさん、ピグマリオン効果って、ご存知ですか?

米国の心理学者ロバート・ローゼンタール氏が、『教師からの期待の有無が生徒の学習成績を左右する』という実験結果をもとに報告。
「人は期待された通りに成果を出す傾向がある」 とされる心理行動の一つです。

教師の生徒に対する期待や態度が、生徒たちの知能や学習の意欲に大いなる影響を与えるというものだそうです。

教師が「君は、これからどんどん成績が伸びるよ。」と期待し接することで、生徒の成績も伸びるということです。

一般社会でも活用できるものです。

また、他者からの期待だけでなく自己暗示にも活用できます。

反対に、ゴーレム効果というものも存在します。

問題行動のある子に、「あいつは落ち着きがなく、何を言ってもダメだ。」と、レッテルを貼れば、期待されてない子は
ますますやる気を失い悪循環に陥るというものです。

言葉には、魂が宿ります。

『プラスの言葉を吐くことにより、マイナスが無くなり、ゆめが叶う!』
(引用/ゴルゴ松本氏 命の授業より)

↓↓ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いいたします!!



㈱やまだ教材社スタッフ

長野県松本エリアを中心に営業活動しております💼