大興奮の女子パシュート決勝

日常の出来事
02 /22 2018
昨夜の女子パシュートでは、日本がオランダを破り見事金メダルを獲得。

我が家は大興奮で拍手喝さいでした。

パシュートとは、団体追い抜き競技のことで、1チーム3人編成で2チームずつ

戦います。試合中は、チーム全員が最低1周は先頭に立たなくてはならず、

カーブで上手く入れ替わります。

また直線では、まるで残像のように先頭の選手の後ろにぴったりと張り付き

風の抵抗を無くし、体力を温存します。カーブでもぴったりと張り付き

まるで機関車の車輪のように同一の動きをしていました。

序盤オランダが優位に立ちましたが、後半は高木美帆選手が先頭に立つと

一気にペースが上がり、2:53.89のオリンピックレコードを出し見事金メダルを

獲得しました。アナウンサーも解説の方もレース後半は大興奮で実況されていて、

我が家でも「行けっ、行けっ」と声を出し応援しちゃいました。

今大会の女子スピードスケートは、大変盛り上がりましたね(^-^)/

そして、メダル獲得数が11個となり、冬季五輪では最多となったようです。

今後も楽しみです。

↓↓ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いいたします!!



関連記事

コメント

非公開コメント

㈱やまだ教材社スタッフ

長野県松本エリアを中心に営業活動しております💼