FC2ブログ

正しい手洗いの習慣を身に付けよう

日常の出来事
10 /24 2018
みなさん、食事の前や外から帰った時は、ちゃんと手洗いやうがいしていますか?

特に手洗いは、食中毒の予防や感染症予防に効果があることは、ご承知のとおりです。しかし、意外と洗っているつもりの方が多いのが現状のようです。

正しく洗うのに要する時間は、20から30秒だと言われています。手のひら、手のこう、指先、親指とその付け根、手首とじっくり時間を掛けて洗うと効果抜群です。

多くの子どもは、20秒満たずに10秒前後が多いそうです。小さいうちから、しっかりと身に付けさせたいものです。(まずは、大人からですね)

私の感覚だとハンドソープは、ポンプを押すと洗剤が泡で出てくるので、手に全体的になじめばきれいになったつもりになってしまいます。昔は、石鹸で手を洗うことの方が多かったので、泡立たせるためになんども手をこすったりしていましたが、その方がきれになっていたのでは?と思ってしまいますが、いずれにせよしっかりと泡立たせることで、手のしわなどのも石鹸液が入り込み、きれいになるようです。

また、洗った後は、清潔なタオルで拭いて、仕上げにアルコールや次亜塩素などで消毒するとなお良いそうです。


最近では「世界手洗いダンス」や「あわあわ手洗いのうた」など、こどもが楽しんで取り組める歌などもあります。参考にしてみては、いかがでしょうか。



↓↓ランキングに参加しています。ポチっと応援よろしくお願いいたします!!






関連記事

コメント

非公開コメント

㈱やまだ教材社スタッフ

長野県松本エリアを中心に営業活動しております💼